上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


実は昨日、yoshiさんからのバス釣りの誘いを断り、本業(?)である黒鯛釣りに行く予定でしたが・・・風邪をひいてしまったためこちらもキャンセルして寝ていました・・・。


あぁ・・・釣りがしたい。

釣りが・・・。



何かのエネルギーが溜まっていきます・・・。



我慢出来なかったので、朝だけバス釣りに行く事にしました(^^;


場所はいつもの近所の川。
ヘラ師が来てしまうので暗いうちから釣行(^^;

スピニングタックルは、先週大物のすっぽ抜けをやらかしたのでまたいたら挑戦しようと、抜き上げられるようにエギ用のリールをチョイス。
ラインはPE0.8号で15ポンドだったかな?
リーダーにはフロロの2号が結んであるので、大体8ポンドくらいか・・・磯釣り用のお高めのハリスなのでもう少し強いかもしれない。


いつもは「いるのかなぁ〜」って思いながら釣りをしていたが、いることが分かっているので気合いが入る。
朝夕に現れるバサー達はアレを狙っていたのだ。


まず、暗い時間はバズベイトを使ってみることにした。
初めて使ってみたが、ちゃんとばちゃばちゃさせるのが難しい。
結局アタリは無かったが、明るくなってからひたすらバズベイトを投げ続けている人がいたので出る事はあるのかもしれない。


大分明るくなってきた。
IMGP1062.jpg


やってきたヘラ師さんから、良型バスが釣れていたとの情報を得る。
場所はミニバスのたまり場付近らしい。


ワームを投げながら水中の様子を見る。
クチボソ等のベイトがウロウロしている。

コイも寄ってきた・・・あれ?バスじゃん!

慌ててワームを投入。
すると見事に反応してくれた!

前回の失敗を生かし、強めに合わせを入れると乗った!

ジーーーーーーッ!
唸るドラグ!


ドラグのセッティングがエギング用になってました(^^;

ドラグを絞め、強気にやり取り。


どーーーんっ!
IMGP1063.jpg


デカい!

サイズは・・・

IMGP1065.jpg


44センチ!
目標の45センチには届かなかったが記録を更新!
しかもグッドコンディション!

出会い頭の事故的な1匹だが、やっぱり大きいのもいたのだ!
大きいのはやり取りが楽しい!


もう帰っても良いレベルの釣果だが、練習もかねて続行。

今日はクランクベイトにも挑戦したり、スキッピングで対岸のシェードの下にワームを放り込んだり・・・アタリは無かったけど・・・。

ポイントを移動して行くとミニバスの群れ発見!
ちょっと遊ぶ事に。

あまり時間をかけないように最初からメバル用のワームを投入・・・すぐ見切られる!
3インチグラブは・・・ダメ!
サターンのスプリットショットでは・・・喰った!

グッドコンディションのミニバス!
IMGP1066.jpg


ミニバスとはいえ色々試してると引き出しが増える気がしますね(^^;

一通りポイントを探ったので、先週大物をバラした橋の下へ。
しかし、この日はバスの姿は見えず・・・。
夕方のみのタイムセールなのかも知れない。

帰りがけ、対岸の様子も見てみる事に。
こちらの方がヘラ師達が足場を固めているので歩きやすい。
その分バサーも良く入っているが・・・。

所々ワームで探りながら歩いたが、アタリは無かった。

途中、いかにもな場所にミニバスが見えたので、ミニバスを釣って締めることにした。

IMGP1073.jpg

ここは対岸からのスキッピングの練習をしていた場所。
さっきまで別のバサーがワームで探っていたが・・・。

ワームを投入し、着底したので少し誘いを入れたところコンっとアタリ。
ミニバスよりは大きそうだ。

ひと呼吸おいてから合わせを入れると乗った!

・・・って動かねえ!
なんだか分かんねえけどデカいぞ・・・アメナマか?


ラインが強めなので強気にやるとりするが、竿が弱くて主導権が取れない・・・。
それにしても良く引く。
黒鯛釣ってるみたいだ!


やり取りの末ようやく姿が・・・バス!デカい!!


足場が約80センチと微妙に高いが・・・寝そべってハンドランディング!



どーーーーーーんっ!
IMGP1071.jpg



これはやっちゃったか?!




サイズは・・・



IMGP1069.jpg



48センチ!
おしい!


しかし目標はクリア!



嬉しさのあまり近くのヘラ師さんに写真を撮ってもらった(^^;
年に2〜3回しか見ないサイズとの事。



いや〜いるんですね、こういうのが!
もう大満足でニヤけながら納竿とした(^^;
スポンサーサイト
テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用
 2014_08_24


嫁と近所の川にクチボソとミニバスを狙って釣りに。

ミニバス用には専用ロッドを買った。

IMGP1074.jpg
SZMのエクスプローラ?
良くわかりませんがエリアトラウト用です。
しかも長さの表記が140cmとある・・・4.6フィートかな。

マスレンジャーでも良いかと思ったけど、ミニバスも狙うと結構シビアな釣りになるので、合わせも効くように少し張りのあるロッドにした。
まぁ、専用である必要も無かったけど(^^;


ポイントに向かう途中、小さなワンドに小魚が群れていたので竿を出す事に。

IMGP1052.jpg

クチボソかな?
水深は30センチほどしか無くお互いに丸見えな上に、小魚すぎてかなりテクニカルな釣りでした。
5匹ほど釣ったところで移動。


IMGP1053.jpg

とある橋の下。
いつもヘラブナやコイがたくさん泳いでいるので眺めていたら、20センチくらいの魚が飛び跳ねながら猛ダッシュ。

その後ろから迫る黒い陰・・・。

なんと、45センチはあろうかと思われるバスがチェイスしてます!


慌てて持っていたスピニングタックルをセッティング。
ワームはベイトに合わせて大きい方が良いと思い、ヤマセンコー4インチの抹茶いちごミルク色(嫁曰く)をチョイス。
※色の正式名はレインボートラウトラミネートです。

奴は・・・こっちに向かってきて足下にいるっぽい。
護岸の高さは3メートルくらいあるが・・・6ポンドならそーっと上げれば抜けるだろってか掛けてから考えよう。

ワームを足下に落とす。

「ガポッ」っと捕食音。

沖に泳いで行くバス。

連動して沖に出て行くライン・・・喰ってるーーー!!!


タイミングを見計らってジェントルに合わせ。


バシャッ・・・すっぽ〜〜〜んっ!
抜けたーーー!

うぉーーー!
合わせが紳士的すぎたーーー!
プロの皆様がバカみたいにオーバーアクションで合わせを入れてる理由が分かった・・・。

しばし呆然(^^;


しかし、奴はまたよってきた!

すかさず2投目。

チラ見・・・スレたーーー!


この後は何をやっても駄目でした・・・。
ワームしか持ってなかったし。
バスってスレるんですね・・・。


諦めてちびっ子ポイントに移動。

相変わらずちびっ子達が溜まってますね。
IMGP1055.jpg


まずはメバルワームのダウンショットで1匹。
トラウトロッドの具合がなかなか良いが、もう少し大きい魚の方が良いかな・・・。
IMGP1054.jpg


これは余裕かと思ったらすぐにスレた・・・。


それならばとスプリットショットで1匹。
IMGP1056.jpg


またスレたのでノーシンカーで1匹。
IMGP1058.jpg




それにしてもバスは何をもって食べるか判断してるんでしょうね?
メバル用ワームのノーシンカーなんて超スローで沈んで行くんだけど、鼻先でじ〜っと見た後にぱくっと喰った。
何もアクション入れてないけど、喰えると判断したらしい。



ノーシンカーもスレた・・・。



それならばと・・・練り餌ハイブリッド!(^^;
(そこまでするならミミズをと思うかもしれないが、持ってくるのを忘れたのだよ・・・)
この練り餌はスペシャルブレンドになっていて、過去にリアクションではなくミニバスとギルを釣った実績が有る。
もちろんクチボソは良く釣れる。
IMGP1060.jpg


そしてグッドコンディションなミニバス(^^;
やはり食いしん坊が釣れたね。
IMGP1059.jpg


その後は何をやっても釣れなくなりました。
ミニバスもスレますね・・・。



クチボソは入れ食い状態で釣れましたが、小さいので合わせが難しかったです。
IMGP1061.jpg

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用
 2014_08_17


先日の開拓ランガンの結果のおさらいでgoogleマップを眺めていると・・・まだ行っていない水路を発見!
狭い水路なので見落としていた。

今日の天気は曇り。

・・・。
・・・・・・出動!(^^;

まずは本流と接続している水門付近から。

橋の下に小舟が係留されていて良い感じだ。
IMGP1033.jpg


対岸には垂直な護岸がありこちらも良い感じ。
IMGP1035.jpg



いずれもアタリすらなかったが、何回か通えば釣れそうだ。
その証拠に、ファミリー向けの海釣りセットのようなタックルにワームを付けて探っている人がいた。


こちらが本題の水路。
幅は1.5mくらいで、水深は1m弱といったところ。
IMGP1038.jpg


思ったより小さい水路だったが、水深は十分なので夏のバスなら入ってくるはず・・・。
ヘラブナやコイがいる事は確認出来た。


しかし、アタリはない・・・。

どこまでも続く水路。
所々流れ込みがあり、そこにはコイやヘラブナが群れていた。
IMGP1039.jpg


とある流れ込み。
ここでついにアタリが!
IMGP1041.jpg


合わせを入れると・・・すっぽ抜け!
あ〜!少ないチャンスを・・・。

あれ?ワームの端が潰れてる・・・。
IMGP1042.jpg


バスではこれはあり得ない・・・カメ?


結局この水路でバスのアタリはなかった。
可能性はあると思うが、再訪はないかもしれない。


続いて先日調査した水路。

流れ込みを攻めるとミニバスが釣れた。
IMGP1043.jpg


他にもアタリはあったが、あまり深追いはせず先を急いだ。

先日はヘラ師銀座と化していた水門付近もこの日は空いていた。
なかなかの雰囲気。
IMGP1045.jpg


ワームやスピナーベイトで探るもアタリなし・・・。
釣れそうなんだけどな・・・。


ここで雨が降ってきたので、おっちゃんが住んでいる橋の下に避難。
しばしおっちゃんとの気まずい時間を過ごす(^^;
IMGP1046.jpg



この日はワンドの向こう側へも行ってみたが、なかなか良い雰囲気だった。
こういう場所は晴れた日の方が可能性があるかもしれない。
IMGP1047.jpg



雨が止んだのでまた水路を探ったが、ミニバスのアタリのみ。


雨宿りで時間を喰ってしまったため、帰りは完全に夜になってしまった。
田んぼの真ん中で夜はキツい。
釣行の際は必ずヘッドライト持っているのだが、真っ暗闇で道が全く分からない。

町の灯りが遠い・・・。
IMGP1049.jpg



スマホのGPS機能で無事に帰宅出来ました(^^;
テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用
 2014_08_16


今年初のヘチ釣り。
例年なら最も釣行回数の多い釣りだが、今年は行けていなかった。

場所はお台場。
最近は田んぼの真ん中の水路沿いを歩いたりしていたが、実はシティ派の釣り師なのだ(^^;
IMGP1013.jpg


開始時間は21時。
夜明けまでやるつもりなので、また6時間は歩く事になる・・・(^^;

1投目、かなり潮が引いていて浅い。
これは水深の有るところに移動かなぁ〜っと思いながらゆっくりと仕掛けを回収しようとしたら何かが喰った。

なんかシーバスでも黒鯛でもない変な引きだなと思いながらやり取り。
それほど大きくはない。

上がってきたのはボラ・・・。
IMGP1014.jpg



最悪だ。
お台場のボラはかなり臭くて、タモ網に匂いが移ってしまう。
つまり、この日の釣りはボラ臭と共にということになる・・・。


気を取り直して2投目。

全くアタリが無いまま何かが掛かっていた。

小さいシーバス。
バスならキーパーサイズだが・・・。
IMGP1015.jpg



続いて40センチくらいのシーバス。
なかなか元気に引いてくれてちょっと楽しめた。
IMGP1016.jpg


少し移動して、桟橋の柱の脇にエサをフォールさせる。
コンっとアタリがあったので聞き合わせして魚の存在を確認してから合わせを入れると乗った!
ヒュンっと糸鳴りがして良型である事を確信・・・したところですっぽ抜け!
黒鯛なら40センチ以上、シーバスなら50センチ以上は確実と思われる引きだっただけにショックだ。

気を取り直して同じところを攻めたがもうアタリは無かった。


すこし移動。

IMGP1017.jpg

小さいシーバスが釣れた後、全くアタリが無くなった。
この日は0時30分頃が干潮だったため、潮が止まってしまったようだ。
こうなると動き出すのを待つしか無い。



3時間くらい待って、まだ潮は動いていないようであったが見切り発車で釣りを開始。

再開数投目、20センチほどのカサゴが釣れた。
少し潮が動き始めてきたようだ。
IMGP1018.jpg



他に20センチほどと40センチほどのシーバスが釣れたが、なかなか連発しない。
魚がいないようだ。
IMGP1019.jpg
IMGP1021.jpg



夜明けまであと30分といったところ。
この場所は夜が明けてしまうと全く何も釣れなくなってしまうので、リミットが近い。

思い切って最初に大物をバラした場所に戻った。

1投目、アタリなし。
やはり駄目か・・・。

2投目、コンっとアタリ。
すかさず合わせを入れたがすっぽ抜け!

またか〜と思っていたら再びアタリ!

鋭く合わせを入れると今度は乗った!

浅い場所なので魚が右へ左へ走り回る。
何となく黒鯛っぽい引きだがよくわからない。
ヒュンヒュンと糸鳴りがしているので、良型なのは間違いなさそう。

慎重にやり取り。
ようやく魚が見えた。


黒鯛だ!
しかもかなりの良型!

無事にネットインしサイズを測る。
IMGP1026.jpg

47センチ!
50には届かなかったが、なかなかの良型だ。

この後、夜が明けてしまいアタリが無くなったので納竿となった。
まさにギリギリでの1匹だった。
IMGP1031.jpg

テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用
 2014_08_14


近所・・・というほどでもないが、まぁ、割と近場の開拓にランガン。
5月に散歩したときに気になっていた水路と川、そして池。

googleマップでなんとなくコースを決めた。
足となる乗り物は一切持ち合わせていないので、電車と徒歩での釣行。


最初に行ったのは水路。
台風の影響でかなり濁っている。
前に散歩した時はヘラブナとコイが結構いて、流れも緩めだったのでバスもいるかもと思っていた。
IMGP0994.jpg


特に大きなストラクチャは無いが、写真にあるような流れ込みが所々ある。
まずは流れ込み付近を3インチヤマセンコーのノーシンカーワッキーでサーチ。
1度プルっとアタリがあったが、単発に終わる。

続いて橋の下をサーチ。
こちらもプルっとしたアタリ。
しかも何回か投げてもアタリが途切れなかったので、やる気の有る奴か群れがいる模様。

それならばと3インチグラブに変更。
ノーシンカーでゆっくりフォールさせると、ゆっくりとラインが走る。
しっかり食い込ませてから合わせると、ミニバスが釣れた。
IMGP0993.jpg

とりあえずバスの存在を確認!
サイズからして今年生まれたバスだと思われる。
ということはスポーニングは・・・。

その後もミニバスアタリはあるが大きいのはいなさそうだったので移動する事に。

目星をつけていた水路の合流付近はヘラ師がいたのでパス。
水門付近はヘラ師銀座と化していた・・・。
雰囲気はすごく良かったので、夕方のヘラ師がいなくなってから来れば釣れるかもしれない。

そして水門の本流側。
なかなか良い雰囲気だ。
IMGP0995.jpg

水門の出口付近や、細く伸びた堤防の際をワームで探るが反応なし。
スピナーベイトもアタリが無いので移動。


大きな橋を渡ると良い感じのワンドを発見!
IMGP0996.jpg

下に降りるとお住まいの方がいらっしゃったので・・・(^^;
ご挨拶をしてから釣り開始。

船の周り、ブッシュの際を探ったがアタリすらなし・・・。
際を見るとベイトは結構いるようだ。
この雰囲気で・・・この水系は個体数が少ないのか?

一通り探って移動。

小さな水門を探りながら歩いたが、反応なし。
濁っていてよくわからなかったが、かなり浅い。
小魚を狙っている方は何人かいたのでベイトは多そうだが、浅いとなるとバスの条件は厳しそうだ。


しばらく歩いて最初とは別の水路に到着。
古い水路のようで良い雰囲気だが、台風の影響で濁りがキツい。
IMGP0997.jpg

ここではフッキング出来なかったがミニバスのアタリがあった。
可能性が有るので平常時にもう一度来てみたいが・・・距離が有りすぎて歩きはキツい(^^;

再び水門とヘラ師が作ったと思われるブッシュの隙間を探りながら移動。

こんなところ。
IMGP0998.jpg


しかし、相変わらずアタリすらなし・・・。


こんな水門もあった。
IMGP1000.jpg


水門 × ブッシュ = バス!のはずであったが・・・この式は間違いのようだ。
さすがに気持ちが萎えてきた・・・。


朝6時半頃に釣りを開始して、現在11時。
500mlのペットボトルを3本もってきていたが、2本目が間もなく飲み終わってしまう・・・。
この頃からポイントよりも自販機を探してきょろきょろ・・・(^^;
しかし、見渡す限り田んぼでちょっと焦る。

その後、無事に自販機を発見し水分補給。
この日は曇りで風も強めだったので助かった。
晴れていたら倒れていたかもしれない・・・。



ここで雨が降ってきた。
ちょうど屋根のあるベンチがあったので休憩。
ここでカロリーメイトとベビースターラーメンを食べる。

ベビースターラーメンは最近のお気に入り。
美味しいという事も有るが、小袋で持ち運びやすく、塩分補給にもなる。


雨が止んできたので再び移動。


次は池の流れ込みの水門。
ここの雰囲気も良い。
IMGP1001.jpg


しかし、ここもノーバイト。
・・・移動。


池の周りを何カ所か探ったが、全くアタリなし。


何もいねぇ・・・。



再び川の水門。
ここも前に散歩に来た時気になっていた場所。
IMGP1006.jpg

写真奥のバイプの横に3インチヤマセンコーを落とした時、ついに魚の反応!

コンっというアタリが有ったので聞き合わせをすると何かいる!
鋭く合わせを入れるとズシっと乗った!

大物である事を確信し、ドラグを少し緩める。
すると魚も異変に気づいた様で走り出した。

一瞬見えたのは黄色っぽい魚体。
アメナマか・・・しかし初物なので何としても釣り上げたい。

やり取りの途中、一度水門の冊の間に入り込まれて動かなくなってしまったが、ちょっと待ったら出てきてくれた。

掛けた場所の周りには冊があったので、外側の斜面の部分に移動。
魚を引きずり上げる作戦だ。

やり取りの末にようやく魚が見えた。



・・・あれ?アメナマじゃねえ。
なんだあの黄色っぽい魚は・・・ってバスじゃねえか!

急に緊張してきた(^^;

バレるなよ〜っと祈りながら無事にランディング成功!



ど〜〜〜んっ!!!
IMGP1004.jpg




金色のバス!
しかも丸々太ってかなりの良型!



サイズは・・・

IMGP1003.jpg


41センチっ!!!


ついに念願の40アップ。
心の中で何度も「よっしゃ〜!」って叫んだ。
そして1回だけ口に出した(^^;

このとき14時を回ったところ。
釣り開始から6時間が経過していた。
バスは足で釣るのだ。


この水門エリアでは他に1回のアタリと、スピナーベイトで20センチ強のバスが追いかけてくるのが見えた。
何かバス好みの場所であるらしい。


余談だがちょっと気付いた事がある。
先日のウルトラライトタックルでバラした魚、色の感じが今回とそっくりなのだ!
この水系の個体は黄色がかっていると仮定すると、もしかすると本命であったのかも知れない。


アタリが無くなったので移動。
他に水門を巡ったがまたアタリなし状態になった。


再び最初の水路を探りながら駅へと向かう。
IMGP1007.jpg


相変わらずヘラブナが沢山泳いでいる・・・あれ?バスもいるぞ!
早速ワームを落とすとヒットした!
IMGP1008.jpg


小さいがバスだ!
他に20センチ近いのも見えたので、条件が合えば型ものの可能性もありそうだ。

今度は橋の下に小バスの群れ。
3インチグラブでもフッキング出来ないので、必殺のメバル用ワームを投入!

ほんとにベイビーだ・・・。
IMGP1009.jpg



途中に大きな水門。
特に何もない水路なのでこういうストラクチャーは期待が持てる。
IMGP1010.jpg


・・・が、小バスのアタリのみ。
でも条件が合えば釣れそうだ。

この後流れ込みで1匹追加。
IMGP1012.jpg


あと1時間くらい粘りたかったが、雨が降ってきたので納竿とした。



10時間に及ぶ釣行。
総歩行距離は15キロに及んだ。

ミニバスばかりだったが、納得の1本も出た。
疲れたけど一生忘れられない釣行となりそうだ。
テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用
 2014_08_12


嫁と近所の池にバス釣りに。

先日、杭の周りに群れていた小バスを釣るため秘策を用意。
トラウト用の3ポンドラインが巻かれたリールと、メバル用のワーム、そして小さいフック。
ロッドもトラウト用にしたかったが、釣行の後に洗うロッドが増えるのが嫌だったので、普通のバス用のロッドをチョイス。

最初、スプリットショットリグにしたがあっという間に根掛かりしてしまったので、ダウンショットリグにした。

嫁にワームの動きを見せて誘い方を教え、このタックルは嫁に任せた。
自分はベイトタックルで幅広くサーチ。
しかし、反応はない。

と、嫁が何かを掛けた。
持ち上げたらフックアウトしてしまったが、間違いなくバスだった。
狙い通り釣れそうだ。

しばらくして嫁が再び何かを掛けた。

釣れたのは10センチほどのギル。
IMGP0987.jpg


次に釣れたのは10センチほどのバスだった。
見事、嫁にバスを釣らせる事に成功!(^^;
IMGP0990.jpg


なんか楽しそうなので自分もやらせてもらった。

ブッシュの隙間に落としていくと、コツンっというアタリ。
そーっと聞き合わせをすると、何かがゆっくりと動き出した。

デカい!っと思ってドラグを緩めようとした瞬間、魚が急に走り出しラインブレイク。
ヒラを打った瞬間、30センチ強のオレンジ色っぽい茶色の魚体が見えた。
引き方と色の感じからバスではなさそう。
多分雷魚だと思うが、正体が分からず悔しい・・・。

気を取り直して探って行くと、10センチほどのギルが釣れた。
IMGP0992.jpg

なかなか面白い。
大物を狙って行くとがっかりな奴でも、最初から狙って行けば本命なのだ!
トラウトロッドを使用したスタイルを確立しようと思う。
テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用
 2014_08_09


yoshiさんとバス釣りに。
水郷エリアに連れて行ってくれるとの事。

最近、ベイトリールを買い、スピニングとベイトの両タックルを揃えた。
あとワームとスピナーベイトとクランクとフックを少し。
yoshiさんにはまんまと嵌められたという訳だ。

タックルの入魂が掛かっているので、自然と気合いが入る。


最初の場所は水路。
古そうでなかなか良い雰囲気だ。
こういう場所にはベイトも付きやすい。
IMGP0972.jpg


釣り始める前にyoshiさんから自作のスモラバを貰う。
根がかりが怖いが、いつか釣果に結びつけたい。
IMGP0973.jpg



釣り開始。
yoshiさんに流れ込み付近を譲ってもらい、土管入り口に3インチのヤマセンコーを投入。
ヤマセンコーは先日のyoshiさんのブログを見て買った。

投入後すぐに10センチ強のバスが飛び出してきて食いついた!
しかし、フッキングせず落ちてしまった。

続いて土管の中。
さっきから奥の方で魚の跳ねる音が聞こえていた。

ワームを奥へ放り込むと、ガポっという音と共に引ったくるような感じでラインが引っ張られた。
合わせを入れるというよりほとんど向こう合わせでヒット。

デカい!
夢の40センチオーバーか!?

狭い場所だったので、広い場所に誘導しつつやりとり。
yoshiさんにはランディングネットを出してもらった。
IMGP0974.jpg
IMGP0975.jpg

丸々太った良型バス。
サイズは惜しくも39センチだったが、やり取りが最高だった!
このサイズだと「バスを釣った」と実感できる。

そしてスピニングタックルへの入魂が完了。

その後、2匹目のドジョウを狙ったがアタリが無かったので移動する事に。


移動先は水門。
護岸は駆け上がりになっている。
IMGP0978.jpg

水門の上でベイトタックルの準備をしている間、yoshiさんは本流側をサーチ。
しかし、魚っけが無いと、支流側へ移動していった。

と、その時。
1匹のバスが浮いてきて駆け上がりのシャローで何かを探している。
おそらくyoshiさんが使っていたスピナーベイトの波動に誘われたのだろう。

yoshiさんには申し訳ないが、すかさずワームを投入。
そしたらあっさりとヒットした。
難なく上がってきたのは30センチほどのバス。

しかし、写真を撮ろうとしていたら暴れて斜面を転げ落ち、自力で帰ってしまった。

よく見ると小バスがシャローに付いている。
もしかしたら大きいのもいるかもしれないと、少し探ってみたがアタリはなかった。

次は本流側で気になっていた場所へ移動。
写真では分かりにくいが、人が入った痕がある。
IMGP0979.jpg

こんなところを入って行くのだから、さぞかし素晴らしいポイントが有るに違いない。
妄想を膨らませながら、草むらに突入!

そこは駆け上がりエリアと岸壁エリアの境目であった。
岸壁には小さな流れ込みもある。
なるほど、変化があって良さげな場所だ。

まずは駆け上がりエリアをサーチ。
しかし反応はない。
さきほど大きなコイがいたので、バスは逃げてしまったのかもしれない。

続いて岸壁エリア。
流れ込みの少し先にスピナーベイトを投げ、表層をブレードの波紋が出る程度のレンジで引いた。
(後で調べたらガーグリングというらしい)
最初に行った水路で、表層付近で喰っていたようなので、この日のバスはやる気があると読んだ。

岸壁ギリギリを探る事数投。
水面がモヤっと盛り上がってラインが横に走り出した。
すかさず合わせを入れるとヒット!

ベイトタックルで16ポンドを巻いていたので、フックアウトだけ気をつけながら難なく取り込み。
上がってきたのは35センチほどのバス。
IMGP0981.jpg

まるでテレビで見たような狙い通りの展開。
トップで出すと気分がいい!

そしてベイトタックルへの入魂が完了!
もう帰っても良いくらいの出来過ぎな展開である。

ここでyoshiさんの様子を見に行く事に。

支流側も駆け上がりの護岸になっていた。
何カ所か探りながら、yoshiさんの方に向かう。

途中、駆け上がりで角になっているところがあったので、ワームを投入。
フィッシュイーターはこういう小魚を追い込みやすい場所が好き・・・なはず。

と、フォール中にラインが走ったので、すかさず合わせ。
上がってきたのは25センチほどのバス。
IMGP0982.jpg

完全に読み通り。
なんてすばらしい展開だ。

yoahiさんは1バラしとのこと。

ここで同じエリアの他の場所へ移動。

自分は大きな水門へ。
ここは場所が広過ぎてポイントを絞れず。
すぐにyoshiさんの方へ移動した。

yoshiさんは1バス、1アメナマ。

ここでyoshiさんが体調不良でダウン。
異常に汗が噴き出しており、重症ではないが熱中症であることは明らかであった。
この日は風も弱く、護岸ではほとんど風が当たらなかったので、水分補給だけでは対応しきれない状況であったのかもしれない。

早上がりを提案したが、実家の方が近いとの事で、そこで休む事に。

クーラーの効いた部屋で1時間ほど横になると、回復したようだ。

その後、yoshiさんのお母様にお昼をごちそうになってしまった。
ごちそうさまでした。

回復したのでまた釣りに行くというので、リハビリがてら噂の家から10秒ポイントに。
お母様は完全に呆れていました(^^;

ほぼオープンエリアだが、水門と葦、あとは岸壁が続いているので狙い所が無い訳ではない。
しかし、この日は釣果に恵まれなかった。

次は・・・どこかの水路。
yoshiさんは高校生の頃から通っていたらしい。
水路の向こう岸に小さな土管があって、そこにルアーを投げ込む練習をしていたらしい。
なんてストイックなんだ!(^^;
IMGP0983.jpg

ここではyoshiさんが30センチ弱を1匹。
その場所には良くバスが溜まっているとのこと。
ホームの利ですな。

続いて、王様の店の前を通過し、オレンジダウンさんのホームへと向かった。
ちなみに、王様は店にいらっしゃったようだが、釣りを優先して会いには行かず。
サインでも貰えばよかったかな(^^;

この場所で杭や葦周りを探ったがアタリは無かった。
アメナマが浮いているゴミに興味を持っていたので、ソルト用のポッパーを投入したがこちらも駄目。
船周りを攻めたyoshiさんもアタリなしとのこと。
雰囲気は良かったのだが・・・オレンジダウンさんに攻略法を訊かねば。

次も水路。
水門が半開きになっていてかなり流れが早く、その中にベイトが沢山いた。
yoshiさんは流れの緩くなっている岸壁際で小バスをヒット。

自分は流れの中をサターンのノーシンカーで攻めた。
サターンのノーシンカーは軽くてやりにくかったが、流れが早かったのでノーシンカーの方が自然に流れると思ったのと、流れ着いた先にはエサも流れ着きやすいのでベイトが集まり、バスもそれを狙って付いていると思ったからだ。

あまりラインを張らないように自然に流していると、ラインが流れとは逆に走った。
わずかなやり取りの後、上がってきたのは25センチほどのバス。
IMGP0984.jpg

今回も狙い通り。

他に、流れの中のボトム付近にスピナーベイトを通すと何かが触れるのだが、フッキング出来ず。
船が通るために水門が開いたら水流が無くなり、アタリも無くなってしまったので移動となった。

次は与田浦。
途中良さげな杭を見つけたので攻めたが、アタリは無かった。
側でボートでやっていた人は40センチくらいのを1匹。

最後に行った場所も良さげであったが、アタリはほとんど無かった。
橋の下でボートがひっくり返って沈んでいる上で、ワームに反応があったがフッキングしない。
悔しいので3インチグラブの付けて攻めるとフッキング成功!

釣れたのは10センチ弱のバス(^^;
だが、狙い通りだ。
IMGP0986.jpg


ここでyoshiさんの体調が再び悪化したので納竿する事に。


合計6匹。
全て狙い通りの釣りが出来て大満足であった。
それに、バス臭も分かった(^^;

ちなみに、自分は家に帰ってから頭が痛くなった。
皆様も熱中症にはお気をつけを!
テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用
 2014_08_08


早朝、バスを求めて近所の池に。

IMGP0966.jpg


前回と違い濁りが無くなっていて水中が少し見える。

流れ込み手前の杭回りには小バスが沢山いる事が確認出来た。
IMGP0967.jpg

お子様がいらっしゃるならご父兄も・・・と気合いを入れて釣り開始。


・・・ノーバイト。


散歩してたおっちゃん情報だと「ブラックはデカいのがいる」と。
モロコを掛けてそのまま泳がせておけば釣れるとか、釣ったモロコをフラシにいれておくと
そこにアタックしてくるとか・・・。

いる事はいるようだがルアーはお嫌いなのだろうか。


帰りに小バスでも釣ろうと、群れのそばにワームを落としたら、一目散に逃げて行きました・・・。



「いない」のではなく「異常にスレている」ってこと?
テーマ : 釣り    ジャンル : 趣味・実用
 2014_08_02



07  « 2014_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Satoshi

Author:Satoshi
作れるものは作れ!
壊れたら直せ!
魚がいたら釣れ!!

最新トラックバック

訪問者数(自己満足用)

検索フォーム




pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。